OSHO瞑想会

OSHOの瞑想法は、身体・心・魂とつながり、本来の活き活きとした自分らしさを取り戻す鍵を与えてくれます。また、楽しみながら自然に気づきを深め、創造性につながるエクササイズなども毎回行っています。 「考える」ことは脇に置き、ハートで感じてみて下さい。とてもアットホームな集まりです。
この瞑想会では、OSHOの瞑想技法を毎回三つ紹介しています。瞑想の本質とは、何の判断も下さず、くつろいで自己の内面を観照することです。
しかし、私たち現代人は、ただ「静かに坐る」ことがなかなかできません。 それは、私たちの頭の中がゴミやがらくたのような思考でいっぱいだからです。
OSHOの瞑想技法は幾つかのステージに分かれています。 踊ったり、笑ったり、泣いたり、身体をシェイクしたりといったステージもあります。
頭に抱えている重荷を下ろし、瞑想が起こりやすい環境を整えるこれらのステージを経て初めて、「静かに坐る」ことができるのです。

杉山 初子 (シャンティ) Sugiyama Hatsuko 

Oshoに出会い、1988年より瞑想を始める。
Osho Multiversity(インド・プネー市)で、ホリスティックマッサージ、サイキックマッサージ、セラピストコース等のトレーニングを修了。Osho Institute for Transformation 代表(1996.5月ー)
「社会」の期待に従って生きる窮屈さに疲れ、自由な生を渇望していた時、Oshoに出会い、生を祝うことを教えられました。
瞑想は祝祭のアートです。
ひとりひとりの生が祝祭になるなら、争いは起こりません。
瞑想は内なる革命であり、平和への祈りです。

講師より一言

講義プロフィール

受講者の声