gallery

奈良裕之個展《 金色の翼 》

2021年1月13日(水)~1月19日(火)
11:00~18:00

■奈良裕之 "天鹿・渡鴉 巡礼" 上映会
音霊演奏会 奈良カレー懇親会 1月17日(日)
《金色の翼》 konjiki no tubasa
書の作品展
(期間中参加在廊しています)
雲海
見下ろす磐座の感触
瑠璃色の風
漆黒の闇
飛び出せ 今
黄金の夜明けの中に
金色の翼
https://facebook.com/narayuji/

奈良裕之個展《 yuragi 》

2020年1月17日(金)~1月23日(木)
10:00~18:00

■奈良裕之 音霊演奏会
2020年1月19日(日) 18:00~
★参加費 3.000縁
2020年 テーマは《 yuragi 》
虚空なる無の世界より 生まれ出づる波・音・光
深遠なる意識の海から溢れ出すボレロ
魂を強く連打する
地球の鼓動が聞こえる
宇宙のハーモニーとなり銀河を揺らす
生きとし生ける生命(いのち)の賛歌
全ては yuragiの中に在る
https://facebook.com/narayuji/

川上由理子個展《 風、白緑にて 》

2019年9月1日(日)~9月8日(日)
11:00~18:00

画家プロフィール
この大地にある水を使い、
空の下で絵を描く。
描いたものはすべて、
わたしの心が素敵だなと感じたものたちです。
水彩絵具による原画の販売、
名刺制作のご予約を承ります。
水彩で描く木々や花々、
どうぶつ達にどうぞ会いに来てください。
ブログはこちら

松尾えい子 石と布達展

2018年11月11日(日)~11月18日(日)
11:00~18:00

松尾えいこプロフィール
京都造形芸術学院(現京都造形芸術大学)テキスタイル科勤務を経て、 綿花の栽培、藍を育て紅花を栽培、家蚕を育てて糸を取るなど、原材料を素のもとから探求。彫金を始める。
国立京都職業訓練短期大学校(現ポリテクカレッジ京都)染織科非常勤講師を務める傍ら 沖縄・トルコなど国内外へ染織研究の旅を続ける。

永岡昌子.濱口実 コラボ展
布花とドゥフトシュムックandウッドクラフト
ぬくもりと優しさの作品展

2018年10月18日(木)~10月23日(火)
11:00~18:00

一枚の布から花びらをカットし染め上げ立体に花を咲かせるとき大きなよろこびになります。
自然な木の実に生命力を感じ布花を合わせることでうれしく優しい思いで満たされます。
ナチュラルな木の模様をいかした手作り家具ぬくもりのあるテーブルや椅子ラックなどお楽しみいただけます。
二人のぬくもりと優しさの作品展をどうぞご覧ください。

川上由理子個展《 水の彩 空の下 》-ミズノイロドリ ソラノシタ-

2018年6月1日(金)~6月7日(木)11:00~18:00

画家プロフィール
この大地にある水を使い、
空の下で絵を描く。
描いたものはすべて、
わたしの心が素敵だなと感じたものたちです。
水彩絵具による原画の販売、
名刺制作のご予約を承ります。
水彩で描く木々や花々、
どうぶつ達にどうぞ会いに来てください。ブログはこちら

川上由理子個展「天の川図書館」

2017年7月20日(木)~7月26日(水)11:00~18:00

画家プロフィール
道に迷って前に進めなくなったとき、
ふと夜空を見上げると
ふいに答えがわかることはありませんか?
まるで夜空の星々が
応援のメッセージをおくってくれたかのように。
もしも、この想いを絵を通じて感じていただけたなら・・・
天高いところから無数に無限に
人々に届けられる贈り物をイメージして
天の川図書館と名付けました。
あなたへのメッセージが見つかりますように。
天の川図書館へお運び頂けましたら嬉しいです。ブログはこちら

蒼輝 個展 粘土で創る山野草『~創芸草花~』

2017年3月19日(日)~4月1日(土)11:00~18:00

作家プロフィール
本物を手本に!!
「あなたをどうしたら創れるの?!・・・・・どうしたらいい?・・・・・?」
花びら一枚一枚 葉っぱ一枚一枚 ぎこちなく創っていると
自然のすごさを感じるようになりました。
花も葉っぱも同じものはないし、一つ一つみんな違う!
自然を感じると自分の傲慢さに気づかされます。
自然に学ぶこと! それは『加減』を学ぶことかも?!
創っていると窓の外が白んでくることもしばしば・・・・・・
こうすればいいかなぁ~?とか
ああすればいいかなぁ~?とか
迷いながら創って最後に色を塗ったある瞬間にキラッと輝いてくれます。
きっとそのときに何かが宿ってくれたのでは?と思います。
そのようにして
花びら・葉っぱ・おしべめしべ・茎・石ころ・・・・・
ほとんどが手創りです。
本物は枯れてしまいますが、この子達はずぅ~とそばに居てくれます♪
本物はお水などお世話がいりますが、この子達はお水をあげないので汚しません♪
HPはこちら>>http://ateliermhiromu.web.fc2.com

吉田美緒 初個展『Angelic Harmony』

2016年7月21日(木)~7月26日(火)11:00~18:00

画家プロフィール
1988年3月2日 大阪生まれ。
幼少期より天使などのスピリチュアルな世界に憧れ、 同時に絵や演技などの自己表現の世界へ興味を示す。
小学4年生の時にいじめに遭い、 その経験から人の心理に興味を持ち始める。
絵が好きだったこともあり、高校は美術コースに進むも、 周囲との圧倒的なレベルの違いを感じ、絵を描くこと自体が嫌いになる。
大学は心理学科への受験に失敗し、 結局芸術系の進むが在学中に心因性による 体調不良を繰り返すようになり2回生で中退。
中退後の翌年に精神福祉の専門学校に入学。
カラーセラピーに興味を持ち、学んでいく中で エンジェルカードリーディングとパステルアートの存在に出会う。
幼少期の純粋な気持ちを思い出し、カードリーダーとして、 パステルアーティストとして技術を磨いていく中、心理の師と出会うことに。
師の教えを実践し続け、精神性を磨き続けた結果、 高次元の存在より
【絵を通して人類の波動を上げていく】
という使命を持って生まれてきたことを告げられる。
自分の今世は与えられた大きな使命に生きることだと自覚し、現在に至る。
人生をポジティブな方向へ導く愛と癒しのアート作品を展開。
見て、手にするだけ、飾るだけでポジティブな変容の起こる作品を
創ることを実践し続けている。

笑顔の配達人 中原晶大 いやしのちから 展

2016年5月28日(土)~6月3日(金)11:00~18:00(最終日は17:00まで)

画家プロフィール 1995(平成7)年広島市にて生まれる。体重1570g。
先天性食道閉鎖症、肺線維症などの障害を持ち、また1歳で血液の病気となり、20日の高熱の後、難聴となる。
現在まで10回の手術をうけ、酸素ボンベを必要とする生活をしている。
2013年膠原病発症、治療中。
2013(H25)年、広島南特別支援学校卒業。
現在、社会福祉法人「それいゆの会 いしうちの森」に通所。
☆入選 アートルネッサンス、あいサポートアート展
☆個展 広島県 宮島大聖院観音堂 古江行者山太光寺喫茶去 他。
障害があっても、必ず何かしら出来ることがある。
その可能性を自らの行いで示していきたい。その思いで個展をしています。
大好きな仏、日本の美しい伝統、怪しい妖怪。
手術室まで一緒だった小さなクマのぬいぐるみからのオリジナルのキャラクター。
優しいおじぞうさん、なにもかもを見すかしているような達磨絵や梵字(ぼんじ)。
これらの作品を通じて、みなさんと笑顔と癒しをお届けしています。
あっくんの生き方そのものが、強さと優しさに満ちています。
色彩豊かな作品や墨の線から「いやしのちから」を受け取ってください。

川上由理子個展 Yuriko kawakami solo exhibition「色の葉」

2016年5月12日(木)~5月18日(水)11:00~18:00

画家プロフィール川上由理子
言葉に変換できない想いや感覚を大切にしながら、 水彩画を描いています。
現在は展示会やイベントへの作品出展、 原画や名刺等のオーダー制作で活動中。
約1年ぶりに第2回目となる個展を 開催することになりました。
今回の個展でも、水彩で描いた作品たちを ご覧いただけましたら幸いです。
ブログはこちら

白雲友子「天啓画展 」(無料)

2016年4月20日(水)~26日(火)11:00~18:00

画家プロフィール白雲友子
宇宙の息吹を描くアーチスト。幼少の頃より通算20年間、欧米5カ国に及ぶ海外生活を経験。長年の外国暮らしの中で触れた、多様な世界観の原点を日本古来の自然観・宇宙観に見出し、天啓を元に作品を描いている。NPO法人「アースシップ」副理事長。
作品は神田神社(東京)、薬王院(滋賀)、聖フランチェスコ大聖堂(アッシジ)、サンタ・クローチェ協会(フィレンツェ)蔵。
期間中、一日限定3名まで、「魂の絵」をご予約受付させていただきます。
「魂の絵」とは、その人が持つ魂の特性と使命、輝きの特徴を描いたものです。
ミニ色紙一枚と、天啓メッセージ付き。一枚¥50,000-。
所要時間:カウンセリング付きお一人40分程度。
出来ればご予約をお願い致します。
(今までの作品の写真を展示致します。)
facebookはこちら

マシマタケシ個展「ko yo mi」

2016年4月29日(金・祝)~5月1日(日)11:00~18:00

画家プロフィール
マシマタケシ
1962年山形県酒田市出身
デザイナー イラストレーターとして書籍、広告、等で活動
コムデギャルソンのデザイン、(旧)第一勧銀 SUZUKI etc..
2009年から2年間の屋久島生活を経験を期に画家に転向。
著作 「幸せのいろ 目覚めのかたち」サンマーク出版
個展は毎年11月の東京国分寺の「カフェスロー」を軸に、 名古屋、長野、福島、福岡、等を巡回。
ものとものの隙間、境目から取り出した作品をご覧下さい。
ブログはこちら

川端あす香作品展「私たちは、永遠に繰り返す束の間の夢を見る」

2016年3月6日(日)~3月13日(日)11:00~18:00

川端あす香プロフィール
990年和歌山県出身。
2015年京都市立芸術大学大学院(日本画)修了。
2012年から東日本大震災の被災地・宮城県気仙沼市で 出会った人の似顔絵や風景を描いています。
描くことを通して土地や人に繋がっていきたいと思っています。
東日本大震災関連復興イベント
被災地女性の声を届ける―過去・人・未来との対話
2016年3月13日(日)13:30~
会場:神戸学生青年センター ホール(神戸市灘区山田町3-1-1)
主催:トモニプロジェクト
HPはこちら

新田恭子作品展
「海を編む、美を編むーいわきの海と新田恭子作品展」

2015年10月31日(土)~11月8日(日) 11:00~18:00

新田恭子プロフィール あばり と あばりで編む技法に出会ってから16年が経ちました。
漁業の営みと共にある技法は、シンプルで力強い魅力にあふれています。
今年3月に福島県いわき市で行った展覧会で、 地元の方々の思いに触れることができました。
作品を通してご覧いただきたいと思っております。
ブログはこちら

マシマタケシ個展「ko yo mi」

2015年5月3日(日)~5日(火)11:00~18:00

画家プロフィール
マシマタケシ
1962年山形県酒田市出身
デザイナー イラストレーターとして書籍、広告、等で活動
コムデギャルソンのデザイン、(旧)第一勧銀 SUZUKI etc..
2009年から2年間の屋久島生活を経験を期に画家に転向。
著作 「幸せのいろ 目覚めのかたち」サンマーク出版 個展は毎年11月の東京国分寺の「カフェスロー」を軸に、 名古屋、長野、福島、福岡、等を巡回。
神戸の初個展の構想に燃えています。
ブログはこちら>>https://yahama.exblog.jp

HIMITO 写真アート展「 mahorama 」~ココハヨイトコ~

2014年12月18日(木)~24日(水)11:00~18:00

「mahorama」~マホラマ~
それは、素晴らしい場所 のこと。
この美しい地球に存在することとは、まさに、生きる私たち自身が「マホラマ」であるということでしょう。
~ココハヨイトコ~
観える景色は心の現れ。
直ぐそばに、ここに、素晴らしい場所は在ります!
日々の生活の中で、出逢った空模様を 和紙に映し 麻紙に載せました。
空のアートと共に、深みのある風合も一緒に、お楽しみ頂ければ幸いです。
ブログはこちら>>https://ameblo.jp/4036908hmt9/

能勢寛子 作品展おぎゃあ子たち ■能勢寛子 展(人形・絵画・板絵など)

2014年11月24日(日)~30日(日)11:00~18:00

神戸生まれ
94年長野県美麻村へ
その後松本、現在は神戸在住
1998年~展覧会
「クラフトフェア松本」参加
他各地で個展・グループ展多数
おぎゃあ子たちが空を飛ぶ、踊り出す子ら
わたしの中に、いつも存在するヒトたち
時にふと姿を消したり...現れたり
どうぞご覧ください

摩呂子 作品展可愛い♪笑顔 ■「可愛い♪笑顔」 ~摩呂子展~
子どもの力♪癒し・・・そして希望のプレゼント

2014年11月17日(月)~23日(日)11:00~18:00

2011年から4年目。『東日本被災地支援 ~ふるさと復興ずっーと応援団~』を開催して、子どもたちの洋服で出来たハートの笑顔が広がっていきました。東北の被災地で、地元の人たちの笑顔の輪をどんどん広げていきました。ハートは心臓。お年寄りたちが孫・ひ孫の姿に重ね、この子たちの未来のためにがんばろうと元気になっていく。。。 子どもたちの洋服は、全国から集まったものです。子どもたちは作業に参加することで自分たちは役に立っているんだと分かる。親も子どもの力を理解できる。続けることの大切さを実感しています。

「酵房 樂流 ふたり展」佐藤暢晃 ■造形 :のぶ  染織 :利津子

2014年10月17日(金)~24日(金)11:00~18:00

酵房 樂流 :宮崎県北部の五ヶ瀬町でパン屋を営む傍ら 絵を描き物を創る旦那と機織り三昧の妻 のふたり展。手仕事を通して先人達の智慧を継いでいこう。
1973年3月2日生れ。
アマチュア美術大賞・優秀賞受賞。
1995年に沖縄に渡る。
13年ガラス工房で働きながら絵も制作。各地のギャラリーで個展を開催。2009年、奄美大島離島加計呂麻島に移住。
11月「工房樂流」パン屋を開業。絵の制作とパンを焼きながら現在に至る。
HPはこちら>>http://rakurunrun.web.fc2.com/art.html
ブログはこちら>>https://ameblo.jp/za-pan

田口陽子作品展 内在宇宙~青の世界~ ■内在的宇宙 ~青の世界~

2014年10月10日(金)~15日(水)11:00~18:00

「読み聞かせ絵本・きみがよものがたり」の挿絵をかかせていただき、原画展をシャンティースポットでさせていただいてから2年がたちました。何を描こうかという明確なビジョンをもたないままに、ひたすら手の動くにまかせて描いているのは今まで通りですが、絵はおもしろいように変遷をとげています。黒のみを使い点描で描きあげた女神の絵を経て、生まれ出てきた内在的宇宙の世界。 今回は内在的宇宙「青の世界」シリーズを展示いたします。一人一人の魂に在る壮大で美しい宇宙の風景を感じてもらえれば嬉しいです。どうぞ遊びにいらしてください。
たぐち ようこの詳細はこちら

VISION -現われし形-■AKIKO EXHIBITION

2014年6月7日(土)~16日(月)11:00~18:00

「命とつながり」をテーマにヴィジョンによって生まれてきた絵。その中から今回の個展のためにインスピレーションで選んだ作品達を展示します。アートスピリットが導いてくれた様々なヴィジョンをのぞいてみてください。
アートショーがあります

熊野 Spiritual Art of Nature■原秀雄展

2014年3月21日(金)~30日(日)11:00~19:00(最終日17時)

熊野の各地に祀られた石の写真展示と共に、古木やかづらなどの花器、灯り、ヒーリングワンド松葉の茶器、アクセサリー、石作品も販売します。聖地熊野のバイブレーションにふれてみませんか。
チラシもご覧ください>>http://salashanti.kir.jp/spot/20140321/hara.pdf

Tibet タンカ展 ■絵師:ウゲン・ナムゲン

2014年4月20日(土)~28日(日)11:00~18:00

『タンカ』とはチベットの伝統的な仏教絵画のことです。
仏や神々のSpiritは聖像度量法(アイコノメトリー)等に則った緻密な過程を経て古来より絵師達によって視覚的に顕されてきました。
ナムゲン氏ホームページ>>http://www.thangka-iori.net
アーティスト達による『観音菩薩 開眼のひととき』のご案内

がれきのえほん展 ■まつむらよしこ~水彩原画~

2014年1月11日(金)~20日(日)11:00~18:00

東日本大震災で生じたがれきは動かさず、今すぐ宮脇昭横浜国大名誉教授の提唱する「いのちを守る森の防潮堤に!」との思いから、「がれきのえほん」を作りました。ご来場くださった皆様全員に「がれきのえほん」をプレゼントいたします♪新年早々ではありますが、ご足労いただければ幸いです。期間中いろいろとイベント等企画しております。
まつむらよしこより
1月14日の案内
ガレキをいのちの森の防波堤に

水 口 麿 紀 展水口麿紀展 ■宇 宙 創 生

2014年11月23日(金)~27日(火)11:00~18:00

~聖なる源につながる~
今、表現したいのは、私たちすべてが生まれた源のエネルギ―、宇宙の創生、内なる神、至福、ワンネスです。レインボーのエネルギーをお楽しみください。
■エネルギー アート
葉書サイズ 5000円 一人 30分
あなたの魂のエネルギ―をアートで表現します。リーデングにより、あなたの魂の特質やメッセージがわかります。
11/23・24・26・27 要予約
(080-1746-6597水口)
水口 麿紀の詳細はこちら HPはこちら ギャラリーの模様はこちら

きみがよものがたり ■原画展

2014年10月5日(金)~19日(金)11:00~18:00

私たちの国家「きみがよ」の本来の意味を子供たちに伝えようと下ろされた言葉と田口さんの絵による 「きみがよものがたり」が9月9日に発売されます。ギャラリーでも絵本をお求め出来ます。
たぐち ようこの詳細はこちら>>

RED DATA ANIMALS ■AKIKO EXHIBITION

2014年9月14日(金)~23日(日)11:00~18:00

2001年からAKIKOがライフワークとして描き続けてきたRED DATA ANIMALS(絶滅危惧種の動物達)その画集の発売を記念した個展です。個性溢れる動物達にぜひ出会いにきてください。
「命とつながり」をテーマに自然のエネルギーを紡ぎ続ける絵描きとして、大好きな森の近くにアトリエを構えアートワークをライフワークとして生きる感謝と喜びの日々を送りながらパートナーであるDJ NOBUYAと愛犬nociwとともにこの地球上でアートジプシーの旅を楽しんでいる。
HPはこちら>> ギャラリーの模様はこちら>>

奈良裕之 アート展 ■神の庭

2014年7月13日(金)~20日(金)11:00~18:00

世界の民族楽器を、即興で奏でる音霊奏者。その場、その時にある自然と人とひとつになり、生まれてくる、音・写真・書の世界を、どうぞ、お愉しみください。
プロフィールはこちら>> HPはこちら>> ギャラリーの模様はこちら>>

佐藤暢晃 アート展

2014年6月8日(金)~14日(木)11:00~18:00

奄美大島の南に位置する加計呂麻島。その島で日々石窯パンを焼き絵を描いている。優しい自然の中で生まれた絵に会いに来てください。
1973年3月2日生れ。
アマチュア美術大賞・優秀賞受賞。
1995年に沖縄に渡る。
13年ガラス工房で働きながら絵も制作。各地のギャラリーで個展を開催。 2009年、奄美大島離島加計呂麻島に移住。 11月「工房樂流」パン屋を開業。 絵の制作とパンを焼きながら現在に至る。
HPはこちら
ブログはこちら

東日本被災地支援 ~ふるさと復興ずっーと応援団~■本吉摩呂子

2014年12月7日(水)~11日(日)11:00~18:00

今の子ども達が大人になるまでずっーと被災地に心を寄せて応援します。
将来子ども達が地域を支える為にも今回の大震災・大津波の被災地の人々に「心を、子どもの元気を届けることがとても大切なボランティアと思います」寄せのハートを作ったのは幼児~90歳までの700~800人の参加者。各々の被災地への応援の気持ちを自分の心臓の大きさのハートを作って届けることにしました。

光の写真展 ~愛甲タケシ&光の仲間たち~

2014年11月23日(祝・水)~29日(火)11:00~18:00

愛甲タケシ
1966年和歌山県生まれ。
2003年頃それまではカメラといえばレンズ付きフィルムがせいぜいだったが、デジカメをもらったことを機に突如写真を撮り始める。 現在、年に数回写真展を開催。自然といのちの神秘と美しさその中にあるひかりを撮り続けている。
HPはこちら
出版記念ライブパーティー詳細

たぐち ようこ作品展■灯明・彩色

2014年9月14日(水)~9月19日(月・祝)11:00~18:00

たぐち ようこ
・札幌市在住
・2001年三原色のパステル画法書「響き合う色」に出逢う。
・2002年初めての個展を札幌円山でひらいてから、年2.3回のペースで作品展を展開中。
・今、パステルの他にペンや墨など手じかにある画材をつかい変化してゆく絵の行方を追いかけ中である。
たぐち ようこの詳細はこちら

「春風にのせて」手作り2人展 籐工芸展 木の時計展

■鐘ヶ江総代(Fusayo Kanegae) 籐工芸展

籐という素材の可能性に魅せられ編み続けて30年になります。最近は籐に限らずいろいろな素材で編む事、表現する事を楽しんでいます。
アトリエ鐘ヶ江tel.0794-63-3959

■村里ゆきお 木の時計展

六甲駅(阪急)の線路沿いの小さなアトリエで始まった「かぜまがり村工房」は今年で26年。木の質感を活かした丁寧な手仕事と温かみのあるフォルムで制作を続けています。
http://kazemagarimura.com/