佐藤敏夫 先生

82才。
戦後満州より家族7人で引きあげる途中に、両親と兄弟すべてを亡くし一人で帰国。
親戚の元で高校まで育てられ、その後自立して会社を立ち上げ成功。
45歳になって突然、光の体験が訪れ、神の数学の啓示を受け、生涯の研究とされ、そこに古神道から現れた「神の数学」が数霊原理として日本語の形成に秘められていることを ネット上で明らかにされ、それをカタカムナの研究家・吉野信子先生が見つけられて、八鏡文字の○と十字の世界が解明されました。

佐藤敏夫先生の後継者であり「梅のはな開花塾」を主宰されている 梅村一彦先生の、 循環数学の研究も合わせてご覧ください。
梅村一彦「神の数学・梅のはな開花塾」公式ブログ
http://hifumi99.blog.fc2.com/